« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

例大祭と熱帯祭。

Te673

こんにちわ!

最近また急にチルノが、いえ、寒さが増してきましたね・・・!

外着にくわえて、部屋着の服の重ね着カウンターも1枚2枚とくり上げ中です!

前回の紅楼夢記事で書いていなかったのですが、次のイベントの参加予定は、

来年3月8日(日)開催「博麗神社例大祭」への参加を予定しております!

今回は開催時期がガラリと変わりましたね。規模も日程も大きく変わり、

春の祭典となった例大祭、どんな盛り上がりを見せるのでしょうか!?

話は変わりまして、つい先日「外側から身体を温めるのも効果的だけど、

内側から温めるのもいいんではないだろうか!」というコンセプトのもと、

歌劇団メンバーとバリ&タイの料理が食べれるお店に行って参りました♪

Foto2

お邪魔したお店は、タイ料理とバリ料理が食べれるお店で、店員さんも現地の方々!

店内のアジアンテイスト溢れる雰囲気と店員さんの活気に溢れた接客が相成って、

「まるで気分はバカンス!」な、とっても素敵なお店でした!

肝心の料理の写真を撮るのを忘れてしまい、「アドゥ!」と思わず現地語(インドネシア)

で叫んでしまいましたが、それほどに美味しい代物でございました!

私はパッガパオラートカオというご飯モノのメニューをチョイスし(写真が無くて

すみません!)、一緒に行った歌劇団メンバーはこれぞ王道!というナシゴレンを

注文しました。どちらもとても美味しかったです!

熱帯料理特有の辛さもあったのですが、一口食べるたびに休憩のいる様な

辛さではなく、食べてるだけで知らない間に身体が熱くなる様な辛さでした。

身体もあったまる上に美味しいとはこれ如何に!と大満足の内容です!

また、デザートに頼んでもらったバナナの揚げ物も、おっかなびっくり口にしましたら

何だかクレープみたいな感じでこちらもおいしゅうございました♪

タイやバリというと「熱帯→夏→冬っぽい料理は無い。」という勝手な

イメージがあったのですが、こんなに、正に冬にこそ食べると美味しい料理が

たくさんあったなんて!と驚きです!多少は日本人にも食べやすい様に工夫してある

のかもしれませんが、それでも他に鍋料理や焼き肉料理もあって多彩です!

これからは寒い季節にこそ、「タイ&バリ料理」!ありかもしれませんよ・・・!

おまけ写真はお店のかわいい水飲み。

何故この寒い季節に山ほどの氷水なのか・・・!

その謎は熱帯料理を食べればわかる!

Foto1

アロイカァー(美味しい)な料理をコップンカァ(ありがとう)ございました!

|

ありがとうございました!紅楼夢!!

Te570_2

紅楼夢に参加された皆様、おつかれさまでした!

天六歌劇団のスペースに来てくださった皆様、ありがとうございます!!

来れなかった方々、次こそは是非に!!

それと今回は、お礼だけでなくお詫びもしなくてはいけません・・・!

今回はイベント前恒例の新刊告知ができず、誠に申し訳ございませんでした!

ということで今更ながら、紅楼夢で出した新刊の告知を本当にさせていただきます!

Te571_6

東方紅楼夢4 新刊

タイトルは『東方西走見聞録』でございます。

お値段は400円となっております。

内容は、例大祭で天六歌劇団が出していた本を持っている方なら

そのタイトルから想像がつくかもしれません!

今回は遠路遥々来てくださった方がいたり、また初めてながら

自身のスペースで足を止めてくださった方々もいてくれて、

今回のイベントも、嬉しい気持ちやありがたい想いをたくさんいただきました!

いつも来てくださる方にも、初めての方にもとても感謝致しております。

本当にありがとうございました!!

また今回も、多くの方に助けていただきました!

お力添えをしてくれたすべての皆様にも重ねて、お礼申し上げます。

ありがとうございました!!

それと余談なのですが、イベント当日に何人かの方に

京都タワーの地下大浴場の情報が役に立ったよ!という様なお礼を

いただきました!やったー!

あそこは私自身もはいって「気持ちよい!」とお勧めのスポットだったので、

「是非他のひとにも!」と思っていたのでこれもまた嬉しかったです!

実はあの大浴場、地元の方もさることながら観光客の方も結構利用する

らしく、受付のひとの話によると「男湯」「女湯」と書かれたあの暖簾を

バックに写真を撮ってほしいと頼むお客さんも結構多いそうです(笑)

京都に来たのにお風呂で記念写真というのも面白いですね♪

ということで今回のおまけ絵はお風呂です!

これからの季節はますますお風呂が気持ちいい!

Te616

追記

天六歌劇団のブログには拍手機能的なモノが備わっていないので、

一応こちらに連絡先を載せておきます。

(お問い合わせや、本の乱丁や不備があった場合などの連絡にもお使いください。)

  akaud304♪tcn.zaq.ne.jp

 (♪を@に変えてご連絡ください)

|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »